AutoSetBodyIniMakerの使い方

拙作MOD「AutoSetBody」向けのiniファイルを簡単に作ることができるWindows用ツール「AutoSetBodyIniMaker」の使い方を簡単に説明させて頂きます。

ご意見ご要望などありましたらお気軽にコメントくださいませ。
本ツールの抱く最終的な野望は、NPCを追加しているMODの作者様自身にこのツールを使って頂き、各NPCの体型をオフィシャルな設定として決めて頂くことなんです (*´ω`*)ゴゴゴゴゴゴ
 
STEP.1
最初に「Wrye Bash」を起動します。
体型を設定したいNPCを生成しているMODを選んで右クリック「Export → Names」を行います。
保存先はデフォルトのフォルダではなく自分で管理しやすい別の場所にした方がいいと思います。

20110115_0000c.gif

STEP.2
次に「AutoSetBodyIniMaker.exe」を起動します。
「ファイル → csvファイルを開く」で先ほど出力したcsvファイルを開いてください。

20110115_0001a.gif

STEP.2+
csvファイルを読み込んだ際に「Wrye BashでExportしたNamesファイルではありません。」とエラーが表示される場合は、Wrye Bashの出力するテキストファイルが「Shift-JIS」文字コードではない可能性があります。
最新版(296以降???)のWrye Bashでは日本語文字コードの出力形式がそれまでの「Shift-JIS」ではなくなっているのが原因です。

対処方法としては…
●文字コードを変換するフリーソフト等を使い、Wrye Bashで出力したcsvファイルを「Shift-JIS」文字コードへ変換してから「AutoSetBodyIniMaker」で読み込ませる
または、
●Wrye Bashを過去バージョン(295.2など)に戻してcsvファイルを出力する
などの方法があります。

STEP.3
左のリストにNPCのデータが読み込まれます。
下の画像の場合はパッと見だと偶然に並んでいるように見えますが、実はぐちゃぐちゃです。
そこで「Name」の部分をクリックしてソートしてみます。

20110115_0002a.gif

STEP.4
昇順でソートされたので、名前から対象を探しやすくなりました。

20110115_0003a.gif

STEP.5
試しに「Maeva the Buxom(豊満なメーヴァ)」の体型を設定してみようと思います。
左のリストをクリックして選択状態にします。
※Ctrl押しながらクリックで追加選択、Shift押しながらクリックで範囲選択もできます

20110115_0004.gif

STEP.6
今度は右のリストから体型を選びます。
豊満なメーヴァですから HNHALL (HGEC Normal HA-cup / LL-lower) を設定してみます。
設定するには「体型項目をダブルクリック」するか、真ん中辺りにある「<<」のボタンを押すか、「Enterキー」を押してください。

20110115_0005.gif

STEP.7
左のリストを確認してみると「Maeva the Buxom(豊満なメーヴァ)」の体型が「HNHALL」となっており、ちゃんと設定できました。
体型の登録が完了すると選択状態が1つ下へ移動するので、連続してどんどん設定していくことが可能です。

20110115_0006.gif

STEP.8
体型を設定したいNPCに対して同じ行程を繰り返します。

STEP.9
ちなみに体型を設定する必要のないNPC(男NPCなど)をリストから削除することが可能です。
削除対象を選んだ状態で「編集 → 選択中のNPCをリストから削除(P)」を選ぶか「Shift+Del」を押してみてください。

20110115_0007.gif

STEP.10
お好みのNPCへの設定が完了したら最終工程「iniファイルを作成」します。

20110115_0008.gif
    ↓
20110115_0009.gif
    ↓
20110115_0010.gif

STEP.11
Data\iniフォルダに今回設定したMOD専用のiniファイルが出来上がりました。

20110115_0011.gif

STEP.12
「対象MOD」と「SetBody.esp」と「AutoSetBody.esp」をアクティベートした状態でオブリを起動してください。

20110115_0012.gif

あとは何もしなくてOKです! (゚∀゚)
先ほど体型を設定したNPCがプレイヤーの近くにいるだけで自動的に体型が設定されます。
(SetBodyが体型を設定するとコンソールに表示されるので確認し易いと思います)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

開けません

SetBodyに使える便利なツールを探しててたどりつきました。
早速使わせて頂こうと、説明を読みながら進め始めたのですが、
「wrye bashでexportしたnamesファイルではありません」
というエラーが表示されて、CSVファイルが開けないため進めません。
間違いなくwrye bashでexportしているのですが、これはバージョン等の違いでしょうか?

コメントありがとうございます

氷河さん、コメントありがとうございます。
拙作MODおよびツールを使ってくださってありがとうございます。

Wrye Bashの最新版は多言語文字コードの扱いがUTFに変更されていて、
(旧バージョンでは日本語はそのままShift_JISで扱えたのですが)
それが原因でcsvファイルを認識できなくなっているのだと思います。

テキストファイルの文字コードを変換するツールを使って
csvファイルを「Shift_JIS」へ変換してからSetBodyツールで扱う、
という方法で対応できるのかもしれませんが、正しく動作するかは未検証です。
また、管理がすごく面倒だと思います (´Д`;

一番良いのは日本語がShift_JISで扱われている
旧バージョンのWrye Bashを使うことなのですが、現状でも配布されているのか、
どのバージョンまでがShift_JIS版なのか、という詳細がわかりません…
とりあえず私が使っている「295.2」であればShift_JIS版なので、問題なく使えます。

Oblivion Wrye Bash names 文字化け

Oblivion Wrye Bash UTF-8 Shift JIS
などのキーワードでググってみると情報が見つかるかもしれません。

簡単な解決策を提示できず、申し訳ありません (´・ω・`)

旧バージョンで出来ました!

早速の回答ありがとうございます!

Wrye Bashの旧バージョンですが、TESNではなくミラーサイトにありました。
旧バージョンに切り替えて試してみたところ無事に開くことが出来ました!

ありがとうございました。

コメントありがとうございます

氷河さん、お返事ありがとうございます。

旧バージョンのWrye Bashにて正常に動作したようで、良かったです!
拙作ツールの為だけにバージョン変更作業を強いる状態になってしまって
申し訳ありません (つД`;

No title

氷河さんがコメントしてくださったお陰で
VecterのZiiDetectorというツールで変換でき、読み込めました!
ツール製作者の管理人さんにも感謝です

コメントありがとうございます

ななしちゃん(さん)、コメントありがとうございます。

どうやら最新のWrye Bashにて出力したcsvファイルでも
文字コードを変換してから読み込ませれば正常に動作するようですね。

あとで最新版Wrye Bash使用時の注意として追記しておこうと思います。
情報ありがとうございます!

No title

すばらしいModを公開して頂きありがとうございます。
ありがたく使わさせて頂きます。

後の人の参考になるかもしれないので、以下ちょっとした問題が出たときの解決法を書きます。
Oblivion Wiki JP (避難所)にあるWryeBash日本語化ファイルでWryeBashを日本語化している場合、
出力されるcsvファイルも一部日本語化されるため、SJISに変換しても使えないという症状が出ます。
その場合は、WryeBashを英語に戻して(バッシュ一番下のランチャーから、設定->言語)からエクス
ポートすれば、使えるcsvファイルで出力されます。
プロフィール

r_basilico

バジリコ風味 (r_basilico)
Twitter: r_basilico
Steam: r_basilico
艦これ: 嫁艦は祥鳳

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム